2017年04月03日

FC BayernのFWは

ドイツのブンデスリーガを独走するFCバイエルン

どうして
あの狭いエリアに縦パスを通せるのだろう
しかもゴールを決めてしまうのだろう

守る相手もドイツの屈強な守備陣
UCLでは世界を代表する守備陣
そんな彼等が敷くブロックの中に侵入してしまう
簡単ではないはず
相手が引くと大変なのは日本代表のアジア予選で知っていますよね

見れば単純にパススピードが速い
そしてトラップが上手い
そんなの日本人でも出来る時代
これだけではないはず

更に映像を見てJリーグと見比べる
しかし縦パスが強い強すぎる
案の定トラップはボールを弾いてるじゃん
でもゴール決めちゃった
ん???

更によく見ればLewandowskiもMüllerも
弾いてるのではない
ボールをトラップで止めていない動かしたままだ
「2回触ってた」
トラップではあまり使わないですがダブルタッチ
後方から来る強い縦パス
つま先で引っ掛けるようにタッチ
日本人ならここでボールの勢いを殺します
日本ではワンタッチでボールの勢いを止めます
しかしFCバイエルンは止めません無理しません
猛スピードのまま蹴り当てます
当然つま先で引っ掛けたのでボールは逆方向へ
ボールは腹に当たりました
いや意識的に腹に当ててます
腹に当てて
跳ね返ってきたボールはゴール方向へ向かいます
ダブルタッチにより勢いは自然と収まり
ボールは足元
しかも転がる方向はゴール方向
身体を預けたりターンもせず身体もゴール方向
そしてダブルタッチによりボールは止まらず守備陣が寄せ切れず
あとはゴールへシュート

狭いエリアで起きた一瞬の出来事

日本ではワンタッチで良い場所に置くのが鉄則
縦パスへは後ろ向きや半身で待ち
トラップしターンしてとなる
これが1番確率が高い
それか後ろ向きのままポストプレー

前向きながらの一発トラップでシュートできる位置に置くのは高難易度
ダイレクトボレーの方がまだまし
そしてブロックを敷く密集地帯ではほぼ成功しない
成功するのはカウンターの場合が多い

ブロックを敷かれ待ち構える密集地帯に通す縦パス
必然的に強く速い
FCバイエルンはダブルタッチトラップでシュート体勢を作る
上に書いた
つま先から腹もあったが
右足のインサイドから左足のインサイドもあった
ようはワンタッチ目はボールを自分に向かう方向にする
ツータッチ目でボールをゴール方向に戻す
動作は一瞬で同時作業
敵も自分もポジションはほとんど動いてない
よってスペースは必要としない
だから狭いエリアでも縦パスを通しゴールを決めてしまう
1部リーグ同士でもUCLでも相手が引こうと崩せる
それがFCバイエルン
posted by kabe12 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448679299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック